トピックス

長崎のヘアサロン 理容 たていし へようこそ。

コラム枠トップ

2013年 07月10日

日焼け止めのSPFとPAって?

コラムNo.11
日焼け止めにはSPF30とかPA++などの表記がありますね。
その意味はご存知ですか?


【SPF】
SPFとはSun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略で紫外線防御指数とも言います。
UVB波の防止効果を表す指標です。
紫外線を浴びた際にできる皮膚赤い斑点ができるまでの時間を何倍に長く出来るかを表したものです。
SPF30の日焼け止めを利用した場合、赤い斑点が現れる時間を30倍に延ばすことができるということになります。

具体例でいいますと、赤い斑点が現れるまでに20分程度かかる人がSPF30の日焼け止めクリームを塗った場合、20×30 = 600分。
約10時間程度の日焼け止めの効果が期待できるということになります。
現在の日本では、SPFの上限は50+となっています。
測定方法に限界があるため50以上の数値は信用性が低いと言うことで上限が設定されました。
しかし、実際にははSPFが30以上の製品の効果には代わりがないのが実状のようです。


【PA】
PAとはProtection Grade of UVA(プロテクション グレイド オブ UVA)の略でUV-A防御指数とも言います。
UVA波の防止効果を表す指標です。

SPFが肌が赤くなる原因のを防ぐのに対して、PAは皮膚の黒化が起こる原因を防ぎます。

PAは、日本化粧品工業で効果により、次の3段階に分けています。
   PA+ :PFA2以上4未満・UV-A防御効果がある。
   PA++ :PFA4以上8未満・UV-A防御効果がかなりある。
   PA+++:PFA8以上・UV-A防御効果が非常にある。


【注意点】
PAとSPFは化粧品を1平方センチメートル当たり2mgずつ皮膚に塗ったときの値となります。
日焼け止めを正規の量塗った際、思ったよりも白くなるため、薄めてしまうことがよくあります。
しかし、それでは日焼け防止効果も本来の効果を発揮しませんし、PAやSPFの高い日焼け止めを使っていても、日焼け止めの効果を十分に使えないでいることになります。
また、夏の暑い日などは汗で日焼け止めが落ちてしまうこともありますので、こまめに日焼け止めを塗ることが必要です。


PAとSPFの数値の高い日焼け止めは、紫外線に対する効果は大きい反面、肌への負担も大きくなります。
数値の高い日焼け止めは海水浴や屋外でスポーツをする場合だけに使用し、
日常生活であまり日に当たらない場合には、数値の低い日焼け止めを使うといった、使い分けをする必要があります。
コラム枠ボトム
長崎のヘアサロン 理容 たていしのトピックスページトップへ